忍者ブログ
FFTA及びFFTA-2の汎用マイユニットの為の二次創作サイト。 タイトルクリックでTOPへ。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


 こちらにはA-2でのクラン、モグ・ウェーブについての設定を載せております。



 ◎クランの設定

 汎用ユニットはモーグリのみ、というモーグリクラン。
 特に選んで入団させた訳ではないが、他種族よりも圧倒的に小さいモーグリにとって、同族の集団は集まり易かったのか、いつの間にかモーグリばかり集まっていたというグダグダ感である。

 隊長を始め、一部メンバーはしっかりしているものの、構成種族が構成種族なので仕事の出来はかなりムラがある。よって依頼はモーグリ向けの一風変わった物が多い。

 クラン会議では各々が好き勝手な事をして一つの議題に纏らない烏合の衆。


 元々本部となる建物はなかったが、クラン唯一のヒュムだったデュマがモーグリになったのを機に、家具等がモーグリサイズの本部を作った。ただし、訪問客やデュマの体質の事を考え、天井や扉等は、全種族対応の大きさで作られている。



 なお、ほぼ全員が大小・部位・色を問わずリボン装備。









 ◎汎用ユニット紹介

 ※年齢はデュマ以外「ヒュム換算」であり、実年齢はもう少し高めです。






 (1)隊長

 ・ボリス:28歳♂・モーグリナイト(曲芸)

 隊長。状況を見極め、即座に支持を出す司令塔。
 モーグリばかりで落ち付きの無いクラン内部で、デュマと二人「落ち付き」という異色のオーラを放つ。

 青のエーヴァを愛用している。




 (2)副隊長

 ・ガイ:31歳♂・赤い魔鳥の乗り手(チャージ)

 セクエンスの使い手。曲がった事が嫌いな熱い男。
 ボリスの良き右腕。




 (3)メンバー


 ・ユグロ:37歳♂・銃使い(チャージ)

 どこかの兵士だったらしいが、先の大きな戦争で友を多く失って退職。
 ジャッジ付のクランを探してモグ・ウェーブに入隊。戦争慣れしたせいか、装弾速度が異常に早い。

 モグらしい性格だが、生死観に関しては非常にシビアな目を持っている。



 ・ブラッドランツ:25歳♂・黒魔道士(時魔法)

 だんまりで何を考えているかよく分からない死神の衣を纏った魔道士。
 話を振られれば、普通のモーグリらしく明るく会話するが、自ら会話に加わる事は少ない。

 湿地の魔女の知り合いで、変わり種の薬を作るのが趣味。デュマの為に変身薬を作ったが、そろそろクランの為にも、本人の為にも、ノアにスロウ薬を作ってやろうかとぼんやり思案中。



 ・バルトロメウ:43歳♂・白チョコボの乗り手(チャージ)

 基本的に外では働かない、どこか気品のあるおじ様モーグリ。仕事出来るのにやらないタイプである。鼻先にちょんと小さい眼鏡を乗せている。力仕事は若モグがやるものだと思っている。

 政治と食べ物に関しては妙に煩い。どちらかといえば内務担当である。
 モグにしては字は綺麗と褒められるが、褒めているのもモーグリなので、他種族から見ると評価が異なる場合もある。



 ・ルイスドルク:23歳♂・チョコボ士(曲芸)

 モーグリの竜騎士。竜のヒゲを頭上で軽々と振り回す、アダムに次ぐ力持ちである。
 鍛えられた肉体美は、同族随一でモグ内の憧れの的だが、やっぱり同族じゃないと分かりにくい。

 チョコボ士だが、チョコボは苦手。気さくな性格の持ち主。




 ・デュマ:22歳♂・茶チョコボの乗り手(チャージ)

 百式正宗で素早く敵を斬り伏せる、元人間族。その為一人称は「拙者」で語尾にクポは無い。
 ブラッドランツの薬でモーグリになったのは妻の為であり、「BUSHI」として、自身への区切りの為でもある。実は異世界出身者で、デュマはこちらでの名。藤色の着物を纏っている。ポンポンも藤色。黒髪でロングポニテ。

 本人曰く、あちらで”斬り疲れた”そう。もう異世界にも、元の姿にも戻る気はなさそうだが、月に1度、新月の日だけ薬の効果は切れる様だ。




 ・チコ:19歳♀・緑チョコボの乗り手(アイテム)

 アイテムマニア。珍しい物の話やクエストを聞くと数日は帰ってこない。
 貯め込んだアイテムは勿体無くて使えない。絆創膏ですら、ギリギリまで出し惜しむ。

 結果、回復はチョコボ任せである。良くも悪くも非常にモグらしいモグだと言われている。




 ・イアン:17歳♂・シーフ(曲芸)

 人(モグの?)良い盗賊。短い時間なら飛翔する事の出来る翼の大きなモーグリ。
 ボリスにコテンパンにされて以来、彼の事は「師匠」と呼んでいるが、適当な性格のモーグリの例にもれず、特に彼から何か伝授されている訳でも何でもない。

 逃走用・支援射撃用の火炎瓶を作るのが得意。





 ・ダン:65歳♂・カラクリ士(曲芸)

 通称爺さん。前髪の長いサンタの様で、顔がよく見えない。髭ももじゃもじゃ。
 新聞は、離して細めで見る程の視力なので、カラクリの改造も時々失敗する。

 が、「若い者には任せておけないクポ」とか言いながらエンゲージに割り込んできちゃうので要注意。




 ・アダム:16歳♂・魔砲士(銃撃)

 あだ名が「太っちょ」。横幅だけなら他の種族に負けておらず、他種族にぶつかってもフラつく事がない。モグの3、4人ならお腹だけではね返せる。目が細い。
 ちょっと鼻づまり気味の低い声でゆーっくり話すが、地声であって鼻がつまっている訳ではない。

 撃つ時に「ふんーーーぬっ!」とか叫んでる。本人曰く「何故か」子供が喜んで真似する。
 



 ・ノア:36歳♂・時魔道士(黒魔法)

 常時ヘイスト状態なんじゃと疑われる位にせかせかしている。ゆっくりしているモグを見ると、イライライライライライライライラ・・・としてしまう。ゆっくり報告書書いている仲間を見ると引っ手繰って速記しちゃう。敵にスロウ、味方にヘイストなんてまどろっこしい。みんなヘイストすれば良い。渋滞とか混雑嫌い。

 一部クランメンバーは「ダンの若き日のカラクリ失敗作」じゃないかと本気で疑っているが、ちゃんと生身のモーグリであって、カラクリではない。




 ・レイ:22歳♀・動物使い(曲芸)

 医師(獣医中心)兼料理士。デュマの奥さん。曲芸で投げているダガーは実は手術用メス。
 道端でデュマを拾い、誠意のあるその姿勢に惚れる。結婚してからは相思相愛の仲。

 モグとしては中々美人らしい。医者としての責任感が強く、命を大事にする性格なので、そこら辺サバサバしているユグロとよく対立していたが、心の底にある思いは同じである事を知り、最近は大人しい。

 息抜きによく竪琴を弾きながら歌う。モグばかりのクランでは、割と常識人。




 ・ブルクハルト:19歳♂・黒チョコボの乗り手(曲芸)

 相棒の黒チョコボと、長く根なし草生活を送っていた若モグ。
 その間に培ってしまった自由奔放な性格に輪をかけて、モーグリの適当な性格が混じり、クエストを頼もうと思った時には飲みに行って居なかったり、隣町の祭りに紛れこんでちゃっかりステージに上がっていたりする。

 武器は旅先で貰った赤のエーヴァ。そろそろ固定の宿が欲しかったし、隊長が青のエーヴァで縁を感じたクポ等と適当な理由をつけ、隊長が許可する前から本部の寝台に勝手に上がり込むようにして入団した。

 






PR
ようこそ
人目のお客様。

ごゆるりと。
忍者ブログ [PR]