忍者ブログ
FFTA及びFFTA-2の汎用マイユニットの為の二次創作サイト。 タイトルクリックでTOPへ。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



 こちらにはA-2でのクラン、劇団Irisについての設定を載せております。

 小説はコチラ





 ◎クランの設定

 拠点の無い、流れ者の旅の一座。行く先々の町で歌や踊り、迫真の演技で客を湧かせて去って行く。
 演技は、英雄譚から喜劇悲劇に至るまで様々。

 団員のほとんどは、チョコボに引かせた大きな馬車で移動する。各人の性格に関わらず、全員ノリは良いので、一人が歌い出すとほぼ全員歌や手拍子、時には踊り出す者もいる。
 彼らの馬車から音楽は絶えないのだ。


 ちなみに各個人のジョブは、移動の間のサバイバル用としての意味合いが強く、入団する以前のハンターとしての経歴や、実力の有る無しに関わらず、殆どの団員が己の本業は劇団だと認識している。また、街中では全員が同じ格好=その時々決められた一座のコスチュームを着用している。







 ◎汎用ユニット紹介


 (1)劇団長

 ・サミュエル:ヒュム24歳♂・白魔道士(黒魔法)

 腹黒無邪気な青年。美少年大好き。子供の様な喋り方をし、オ〇マの気があるが、冒険者としての実力は確か。劇団開設以前の彼の素性を知る者は居ない。
 Sアビリティがリボン装備可能で、頭のど真ん中についている。死神の衣と忍び足袋の愛用者。声域が広く、ソプラノからバスまでを使い分ける。普段はやや高めの男声。





 (2)劇団員=演技役


 ・ジョエル:ンモゥ♂・錬金術士(全て):1人称「俺」。演技も戦闘も浅く広く、オールマイティに役をこなす。


 ・コリグリム:ヒュム17歳♂・狩人(狙う):ネフィシスの師匠でエヴェレットの相方。語尾が「にゃー」に変化する。歌うのが好きで、馬車での旅の間には、ギターで歌いだす事も。好物は「えびふりゃー」。でも名古屋弁なんじゃなくて、ただ単に語尾が「にゃー」なだけである。3年前、一人旅をしていたエヴェレットに相方になってくれと拝み倒した。変な所で譲らない性格。


 ・エヴェレット:アルト~テノール歌手。”仮面の大瑠璃”


 ・ネフィシス:グリア♂・狩人(野生):高所恐怖症で殆ど飛べない、やんちゃ坊主。飛べたとしても床から約2cmまでなので、飛行というよりはレビテト状態と言っても良い。コリグリムに弟子入りするまでは、シーク族のカロンに育てられたせいか、あまり自分をグリアだとは思っていない様だ。


 ・イアン:ヒュム29歳♂・パラディン(闘技):強面でごつい、青年をそろそろ卒業するか否か位の人物。見た目は恐くとも人当たりが良くサバサバしていて付き合いやすい。ジョブとは裏腹に、劇中では悪役を演じる事が多い。酒場大好き。味のあるテノールが自慢。


 ・ミューズ:ヒュム21歳♀・シーフ(奥義):実はイヴァリースではなく、14世紀頃の日本に生まれた元倭寇(海賊)。彼女を拾ったイアンを始め、クランのメンバーは何らかの時空間の歪に彼女が巻き込まれたと推測しているが、本人は未だに自分が蛮族の地に流れ着いたと信じている。イヴァリース語を一から覚え直した努力は見事だが、時々間違った文法を使う。義に厚く、情に脆い。


 ・エステル:ヴィエラ♀・精霊使い(赤魔法):TAクラン「ちまき」のポーリーヌの姉。二人合わせて「ポリエステル」な姉妹。妹がゲテモノ好きなのに対し、こちらは飛空挺のマニア。仕事の無い日は大抵エアポートにおり、新型モデルのお披露目式には必ず居る、そんな二十歳過ぎの女性である。何か気になる事があるらしく、エヴェレットの事を観察したりしているが、恋愛感情からではなさそうだ。


 ・ルイーズ:ヴィエラ♂・スナイパー(魔法剣):サルマの双子の弟。団長に並ぶ、劇団の花形。ヴィエラの中でも色黒で、気さくな兄ちゃん。イアンやミューズとは飲み友達。





 (3)劇団員=裏方・脚本


 ・サルマ:ヴィエラ♂・アサシン(緑魔法):愛称が「猿魔道士」とつくほど、陽気でヘラヘラした団員。しかしそれは表の顔であり、裏社会では名の通った暗殺者。双子であるルイーズの身が心配で、足を洗うか否か迷っている様だが・・・。劇団中では舞台の装飾や、黒子的な役割を担う。


 ・マコーレー:バンガ♂・マスターモンク(僧技):1人称「私」。礼儀正しい修行の僧。大仕掛けな舞台を動かしている。


 ・ヘンリー:モーグリ♂・白チョコボ使い:普段はシャイだが、騎乗した途端に性格が変わる。口調もクポナシヤンキーに変わる。脚本の担当だが、歴史物か昭和風の純愛物しか書けない。台本には全て「クポ」がついているので、演じる方は修正等に苦労する様だ。


 ・ナターシャ:グリア♀・風水士(強撃):気の強いネフィシスの2つ年上の姉。再会直後から容赦無く、彼女曰く「情けない」弟を扱きあげている。が、意外にも多人数の前が全く駄目という上がり症なので、演劇では風水を生かした特殊効果の担当をしている。


 ・セディ:ヒュム38歳♂・幻術士(大魔法):両手に1つずつ杖を持った、術士のくせにアスリートであり、逆三角系の体格の男性。が、普段は無口で愛想はあまり良くなく、劇の合間には淡々と雑用をこなしている。生真面目で綺麗好き。一座の移動の際には御者も勤める。


 ・カロン:シーク♂・レンジャー(匠の技):ネフィシスの育ての親。粗野な部分はあまり見られず、どことなく渋みのある人物。劇団員といえど、一座が近くに寄った時に舞台を組み立てる程度で、普段は山小屋暮らしをしている。






PR
ようこそ
人目のお客様。

ごゆるりと。
忍者ブログ [PR]