忍者ブログ
FFTA及びFFTA-2の汎用マイユニットの為の二次創作サイト。 タイトルクリックでTOPへ。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



 やってみました、ワンダと巨像
 うん、これがね。凄かったんです。

 知り合いに勧められ、「最初はぜってー攻略法見るなよ」と釘を刺されつつ開始。



 感想はまた全クリしたら描くけれども、とりあえずは途中経過まで。
 ネタバレ注意です。
















一体目:

 何か可愛くないテディベア。とにかくでかい。いや、デカ過ぎだろうこいつビル何階分だよ
 踏み潰されそうになりながら何とかクリア。要領は掴んだ。
 倒した後の黒い変なのに、もののけ姫の祟り神よろしく、背中からぶっしゃあああされて、うぎゃあああってなったのはこの時初。


二体目:

 でっかい角の生えたバッファローみたいな巨像。買って早々攻略法分からずに詰みかけた苦戦第一号。
 アグロ(馬)と息が合わないと思っていたら、方向キー前倒し(前進じゃなく、止める動作だった)していた。30分くらいはかけたと思う・・・。


三体目:

 まず会いに行くまで迷子になった。アグロとは相変わらず気が合わない。木に激突、崖から仲良く心中。真っ直ぐな所をまっすぐ走れるようにはなった、うむ。
 今回は2足歩行で、一体目とは比較にならん位でかい巨像。剣でミンチにされる所だった。
 剣を昇るんだー!ってのに気付いてからも長かった。頭まで行くのにこれまた30分かけた。


四体目:

 足にしがみつこうとして痛い目にあった四足歩行の馬みたいな巨像。鳴き声が嘶きだったから多分馬・・・か?昇るまで防空壕の中でひたすら耐えていたイメージの方が強いので、実はあんまり戦闘が印象に残っていないという・・・面白い戦い方の出来る子でしたけどね。多分他の巨像の印象が強過ぎたんだ^^;


五体目:

 鳥さーーーーーーーーーーーーん!!今の所の、個人的ベスト戦闘。
 空を飛ぶ巨像の上で、風圧に耐えつつ弱点ブスリ。3回くらい落ちたけど下は水だから死なないぜd!!あ、リアルだったら余裕で死ねる高さですけれども。
 
 足場探して溺れたり、後1撃くらいの所で握力が持たず振り落とされたりで、姉に締まらないワンダと笑われ・・・この頃から”ネタワンダ”が板につきつつありましたが、楽しい戦闘でした((


六体目:

 下りてきた壁から登場するというドッキリをしかけてくる。ドッキリにドッキリして薄暗い舞台内を、おたおたしている間に踏み潰されて初コンテニュー(
 攻略法に気付くまでは長かったけれども、ドルミンさんの助言のお陰でクリアーです。後から思い返すと可愛いと思える不思議。剣でぶっ刺したけども((


七体目:

 水中戦!!電気ウナギ!!!
 鳥同様、個人的には非常に面白い戦闘の出来る子でした。最初どうしたら良いか分からなかったものの、鳥同様挑発すると唸り声あげて水面に浮かんできた所をキャッチするらしいと分かってからはね、もうね、燃えてましたとも。

 最初はダイレクトに、潜って頭に掴まろうとしましたが、ワンダには素潜りの素質は無かった(
 ・・・ではなく、どうあっても尻尾しか掴ませてくれないんですねこの子・・・いや、むしろお前の尻尾は掴んだぞ!!みたいな感じか。

 水面に上がってきた所をちょっとずつ歩いて頭の方へ。途中、水に潜る前に体毛を掴んでモゴモゴモゴモゴ・・・ぷはっ!というのを繰り返す。最初は電撃で死ぬ所でした^^;2回目に掴んだ時は、体毛の色が変わる辺りがデッドラインかなー、とその前でしゃがんでいたらこれが正解で。頭にいったら、水面に、水中に、と激しくじったじったされて、思わず手を離し、3度目の正直で撃破しました・・・おうふ、水飲んだ。


八体目:

 巨大ヤモリ。面白い戦闘というより、恐怖から来る変な笑いでアドレナリン大放出で、倒した後にボーッとしてしまう巨像でしたよ。舞台が数階建ての円柱状の塔の中庭みたいな所なんですが。

 口笛吹いただけで、戦闘BGMがいきなり大きくなって(像が近付くと大きくなる仕様らしいです)、ぞわぞわ。
 何だろう、遠い昔の、「食うか食われるか」という感覚まで頭が戻ってしまったみたいで。一気に1万年は遡ったんじゃないか自分の脳。

 電撃でHP10分の9くらい削られたよ!檻の間から弓で光る足を狙うものの、檻越しに向こうもあかーーーーい目でこっちを狙っている訳でして。迫りくる巨像の怖い怖い怖い(((((
 いざ落下させてしまうと、今度はどうすんだべさーとなり。面倒くさくなって飛び降りたら座って回復させたHPがまたまた・・・。弱点1個潰した辺りで巨像が起き上がってきそうになり、死に物狂いで塔内部へ逃げ帰り、安全な階段の所で回復し、2度目に落下させ&した所でクリアーです。

 戦闘終わってコントローラー持つ手が冗談でなく震えてました。ワンダすげぇ。


九体目:

 光の弾撃ってくる甲羅持った何か。苦戦第二号。いや、苦戦してない巨像なんていないんだけれど、特に((
 戦国無双の緊急回避よろしく、前転しながら弾を回避。グルグル無双。

 ドルミン曰く、間欠泉で敵の足が浮き上がった所を、崩させるらしいのですが、距離があるとこれが崩させる前に間欠泉引いちゃうんですよねぇー。
 で、思い付いたのが、間欠泉の前に座りながら、光弾をグルグル回避。で、次撃ってくるまでの間そのまま座って回復しつつ、また回避。大体、その間が8秒くらい?我慢大会でしたおういえ。

 加えて、倒して腹からよじ登っても、巨像が起き上がるタイミングでどこに掴まれば良いか分からずに落下を3回ほど(( もうね、頭についてからは根性で掴まりつつ最大溜めでおんどりゃあああああ!!でしたはい。

 ・・・計40分はかけたんじゃないでしょうかね。


十体目:

 砂蛇?苦戦第三号、勘弁してくれwwとなった巨像(
 流鏑馬必須の子で、攻撃されるとこれまた1撃で体力の大部分かっさらっていくという。

 難しかったのが、敵との距離の取り方でした。アグロ先生を全力で走らせると巨像が追い付けないので狙えないが、ギャロップ程度の駆け足だとあっという間に追いつかれて地中からひき逃げされるという・・・勇気ゲー((

 洞窟の中をひたすらぐるぐる走りまわって、ついでに休憩の為地図画面にしたら、地図上の軌跡もグルグル回っていて、目もぐるぐるで((
 画面とコントローラーのバイブの振動のシンクロがこんなに恐かった事は無かったぜ・・・はは。

 この戦闘後には、あんなに気の合わなかったアグロとすっかりお友達でした。先生、有難う。


十一体目:

 会いに行くまでが、崖を越え、砂漠を越えで長かったのに、恐ろしく呆気無かったサーベルタイガー(?)。
 連続で苦戦した後だったので余計にあっさりに感じたという。小型で可愛い巨像(それでも8人乗りの大型車位はある)でしたけれども。今までで一番弱かった・・・のかな。撃破まで10分くらい(・m・)






 残すは後5体の筈!!頑張るぞー!!


     
 
PR
ようこそ
人目のお客様。

ごゆるりと。
忍者ブログ [PR]