忍者ブログ
FFTA及びFFTA-2の汎用マイユニットの為の二次創作サイト。 タイトルクリックでTOPへ。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。







 全身図シリーズ第三弾…と見せかけて実は第四弾ですが、あくまでイラストページに載せた順で。この前に描いていた絵が「お仕事中ワイリー」だったので、ライバルのエメットも負けじと「お仕事中」させてみました。
 弓を引くポーズって、描くとなると中々遠近感が難しいものですね;弓の引き方などを調べてみるも、大苦戦。最終的に、ヨド○シカメラでシュライヒさんの弓兵フィギュア買ってきて、それ見ながら描きました。シュライヒLOVE。弓兵は資料として後悔しない買い物でしたが、次買うとしたら、前々から心奪われていたムスタング(馬)だな。


 シュライヒの話はさておき。


 ゲーム中では「マックスの魔弓」を使用しているのですが、彼はキャラ誕生時から、猟犬と一緒に茂みを掻き分けながら獣道をガサガサ歩いたり、木に残された獣の爪跡を見て目を細めていたりするマタギの様な印象が強く、今回は木製の弓でそのイメージに合わせてみました。ゲーム中に出てくる弓では、マルドゥークといった所でしょうか。羽織っているジャケットなんかも、朝露に湿らせた状態で小屋に戻り、乾かしたりしていそうです。彼の朝はクランで一番早いですしね。




 恒例のお顔アップ。








 金髪と茶髪の中間って難しいです。光が当たっていれば金髪に見えるのですが、パブ等室内でクランメンバーが見慣れている彼の髪は、黄土色に近い、うす~い茶髪という。小説中で、ワイリーが例えたのを引用すれば「小麦の色」です。小麦色ではなく、小麦畑の色。前に描いたイラストよりは、イメージに近付けたかな、と思っています。
















***

PR
ようこそ
人目のお客様。

ごゆるりと。
忍者ブログ [PR]