忍者ブログ
FFTA及びFFTA-2の汎用マイユニットの為の二次創作サイト。 タイトルクリックでTOPへ。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




北方の聖騎士(1) →(2)


***** ***** ***** ***** *****



 また、ワイリーが「置いて」あるな、とエメットは苦笑した。

 クエストから帰ると、決まってこのシーフはパブの椅子でだらけている。通常なら腹が向いている方に背を向け、顎を背もたれに力無く乗せているその様子は、寄り掛かっているというよりも、長年旅人に使われ、くたびれてしまった鞄の様だ。



「おい、座っているだけなら何か注文しろ。マスターに睨まれているだろが。」

 彼のだらしない座り方では、向かいの席に座ると顔が見えないので、すぐ横の椅子を引いて腰掛ける。脚の一本が磨り減っていて、ややガタついた。




「その椅子、壊れてるぞー。」

 横で小さく舌打ちをした狩人の姿を見とめて、ワイリーは眠そうな顔のまま呟く。


「そんなもの、座れば分かる。」
「おめーと話すと話が続かねぇな。」

 いきなり結論言わないで、ボケるとか出来ないのかよ、とワイリーはようやく普通に掛け直した。

「この状況でボケろと?無理な注文だ、お前じゃあるまいし。」
「どーゆー意味だ。」
「自分で考えろ。」



 ワイリーを怒らせると切りが無いのは、エメットが一番良く知っていた。クランで活動を共にしだしてから、もう結構経っている。
 出会ったのは、一昨日までこの場に加わっていた金髪の少年が、戸惑い顔でクランに加入する半年ほど前だったか。



 ワイリーの気を逸らす為に、エメットはマスターの方を顎で指した。何か注文して来い、という意味だ。


「何だよ、人使いの荒い奴。」

 ぶちぶち言いながらも従ったのは、長い時間ただで椅子を使っていた後ろめたさからだろう。そうでなければ、人の注文や命令は聞かない少年だ。




 カウンターに行く緑のマントを見送りながら、エメットは異世界の事について思い巡らせていた。

 マーシュが来るまで考えてもみなかった事だった、自己の住む世界とは別の世界の話など。
 高くそびえ立つ金属の建物、人間族しか居ない世界。大半は彼自身が聞き出したのではなく、好奇心の強いあのシーフが、マーシュに頼んで話して貰った事を横で聞いて得た知識だ。

 その話にいちいち、「すげーっ!」だの、「本当かよ?!」だの騒いで中断させる様は、まるで子供だと思った。





 そして今も子供の様に・・・ワイリーは拗ねている。マーシュが自分の居ない間に帰ってしまった事に腹を立てて。

(実際にはマーシュより奴の方が年上なのにな。)

 クランの仲間にとっては、彼のそこが難点であり、また魅力でもあるのだが。


 狩人は帽子を被ったままだったのに気付き、それを外して窓の外に目を向けた。この時期にしては珍しい程に日が照っており、窓を通して彼の茶髪を金色に光らせている。





 ---このカドアンに、寒い紫冬の月が来ようとしていた。




***** ***** ***** ***** *****





 後書き
PR
ようこそ
人目のお客様。

ごゆるりと。
忍者ブログ [PR]